バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2017年春号

バックナンバー

倶楽部報2017年春号

三田倶楽部員の皆様へ

三田倶楽部員の皆様へ

2017年04月13日

日頃は、三田倶楽部の活動に対し、絶大なるご支援をいただき、この場を借りて厚く御礼申し上げます。皆様方のご理解とご協力をいただき、維持会費の納入率は、ついに90%を超える結果となりました。心より御礼申し上げる次第です。
部員数約200名の野球部に対し、現場の要望に可能な限り応え、直接間接的に支援を続けて参りたいと…(続きを見る)

三田倶楽部総会 開催

三田倶楽部総会 開催

2017年04月13日

去る1月14日(土)、恒例の三田倶楽部総会、並びに現役選手を交えた激励会が、慶應義塾大学日吉キャンパス内ファカルティラウンジにて執り行われました。
第二部の懇親会では、岡部長、大久保監督、そして照屋新主将からそれぞれ春季リーグ戦に対する抱負が述べられたほか、石丸元旦様(昭和36年卒 豊多摩高)、高橋由伸様…(続きを見る)

春季シーズンに向けて

春季シーズンに向けて

2017年04月13日

三田倶楽部員の皆様には毎年の御支援、御声援に感謝申し上げます。
昨年はアメリカ遠征に始まり、春は4位、秋は2位という成績に終わりました。
明治に勝たなければ優勝は無いという強い気持ちで挑みましたが、春秋共に勝ち点を落とし、明治が…(続きを見る)

新チームの目標

2017年04月13日

今年度野球部主将を務めております、照屋塁と申します。平素より野球部に対しまして多大なるご支援、ご声援をいただき誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
昨年は春、秋ともに明治大学から勝ち点を奪えず、春は4位、秋は2位に終わりました。優勝するためにはどの大学からも勝ち点を奪う粘り強さや、ここ一番での勝負強さが…(続きを見る)

春季キャンプ便り

2017年04月13日

去る2月21日から3月6日までの間、沖縄県石垣市にて大久保秀昭監督・林助監督をはじめスタッフ計12名、選手計40名の総勢52名で春季キャンプを行いました。今年の石垣島キャンプは2月21日から25日までバッテリーのみで行い、26日以降は野手も含めて本キャンプを行いました。天候にも恵まれ、メイン球場の他にもサブグラウンド、室内練習場やブルペン等の…(続きを見る)

投手陣プレキャンプ@石垣について

投手陣プレキャンプ@石垣について

2017年04月13日

林卓史です。いつもご理解ご協力をいただきありがとうございます。
今年は、皆様ご存じの通り、主戦で投げていた加藤拓也君が卒業し、投手力の整備が課題です。塾野球部の在学生の通算勝利数は2勝(…)であり、これは、早稲田(26勝)はおろか東大(4勝)よりも少ない数字です。この状況を…(続きを見る)

特集・六大学の審判

2017年04月13日

東京六大学の審判は、各大学のOB会が責任をもって、人物、技能に適性が認められる方(各校3~4名)を推薦しております。審判員としてご協力頂いている方々には、土日のリーグ戦以外にも審判練習会、反省会、オープン戦、平日のリーグ戦等にも協力をお願いしていることから、適性だけではなく、安定した職業に就き収入を得ながら審判員としての活動ができる…(続きを見る)

審判員12年目を迎えて

審判員12年目を迎えて

2017年04月13日

1. 公認野球規則1.01より
三田倶楽部の推薦を受け、東京六大学野球連盟(以下六大学)の審判員となり、この春期リーグ戦で12年目を迎えました。私の想いについて寄稿させて頂きます。
「公認野球規則」の第一番目の条項に『野球は、囲いのある競技場で、監督が指揮する9人のプレーヤーから…(続きを見る)

六大学野球審判員

六大学野球審判員

2017年04月13日

公認野球規則書の1.01項に、「野球は囲いのある競技場で、監督が指揮する9人以上のプレーヤーから成る二つのチーム間で、1人ないし数人の審判員の権限の元に、本規則に従って行われる競技である。」と定められている通り、野球には審判員は欠くことができない重要な存在であることは皆さんもご存知だと思います。しかし、残念ながら審判員として…(続きを見る)

慶大OBとして必要とされること

慶大OBとして必要とされること

2017年04月13日

1999年春の大学卒業と同時に六大学の審判に任命されて以来、18年間36シーズンが過ぎました。歴史と伝統に裏付けられた誇り、任された責任感、慶應義塾大学の代表であるという強い気持ちを常に持ち、審判として野球に関わり、学生や指導者、関係者と接する中で、自分自身の人間としての成長に様々な影響を受けてきました。今回は、自分がこの経験の中で…(続きを見る)

東京六大学野球の審判員としての9年間

東京六大学野球の審判員としての9年間

2017年04月13日

私は、大学を卒業直後の2007年4月より審判員を拝命いたしました。理由は、大学院への進学が決まっていたことと、上級生になっても、オープン戦の審判を買って出ていたことでした。私は野球への恩返しがしたいという思いで引き受けました。
当時、審判員がどういった仕事で、同僚がどういった境遇なのか全く知りませんでした。しかし、実際に…(続きを見る)

大学院進学者から見た六大学野球連盟審判員

大学院進学者から見た六大学野球連盟審判員

2017年04月13日

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程の西山勇毅と申します。2012年に野球部を引退後、大学院進学と同時に、東京六大学野球連盟の審判員を2012年春シーズンから2016年秋シーズンまで5年間、担当させていただきました。大きな怪我や判定ミスも無く、審判員を勤め上げることができたのは、審判員の皆様のご指導をはじめ、多く方々の支えの…(続きを見る)

東京六大学審判について

東京六大学審判について

2017年04月13日

私は東京六大学の審判を2017年春からやらせていただくことになりました。まだ私は3月現在、公式戦にデビューしていませんが、何試合か練習試合に出させていただきました。最近は審判として神宮に立てるように練習試合を通して技能を磨いております。六大学の大観衆の前で試合に審判として出場できるということに私はとても楽しみにしております。…(続きを見る)

マネージャー室より

2017年04月13日

本年度は、昨年達成できなかった全勝優勝・日本一へ向けて、「Everything is practice」をスローガンとし、選手一人ひとりが高い意識を持ちながら、目標達成に向けて日々全力で練習に取り組んでおります。石垣キャンプメンバー以外で行われた日吉での練習も、活気にあふれ充実した様子でした。
キャンプ期間中には…(続きを見る)

明治神宮外苑創建90年記念奉納試合報告

明治神宮外苑創建90年記念奉納試合報告

2017年04月13日

去る平成28年11月5日に、創建90年を迎えました明治神宮外苑の記念事業として、東京六大学選抜と東京ヤクルトスワローズによる記念奉納試合が行われました。慶應義塾大学からは、加藤拓也(投手・慶應高)、沓掛祥和(内野手・慶應高)、山本瑛大(内野手・South Torrance)、岩見雅紀(外野手・比叡山高)、郡司裕也(捕手・仙台育英高)の5選手が…(続きを見る)

第5回慶球会

第5回慶球会

2017年04月13日

毎年12月の第1週土曜日に新横浜のホテルを会場にして、「慶球会」という会が開催されています。塾野球部出身者で社会人・大学・高校で指導者とし活躍している方々の研修会です。今年も総勢30名の方が全国から集まってくれました。大久保監督や林助監督も参加してくださり、指導現場での苦労をぶつけ合う大変有意義な時間となりました。…(続きを見る)

六球会について

六球会について

2017年04月13日

故松尾俊治先輩をはじめ発起人的な東大OBの先輩諸氏が残された六球会の記事には、六球会発足の経緯や六大学野球への熱い思いがつづられている。各大学の野球部の伝統と誇りをそれぞれに守り抜き、併せて六大学野球への情熱を絶やすことなく後に続く後輩たちにも継承していきたいという強い熱意から始まったと記されている。…(続きを見る)

前田祐吉監督を偲ぶ野球大会

前田祐吉監督を偲ぶ野球大会

2017年04月13日

去る1月14日に、計8回の六大学優勝実績を誇る前田祐吉監督一周忌(命日は1月7日)に際し、指導を受けた年代(第一期:昭和35年卒~44年卒、第二期:昭和58年卒~平成9年卒)が集まり、下田グランドで野球大会を開催しました。好天のもと、総勢約45名が参加、卒業年次で別れた上下戦を平成25年都市対抗決勝同様、堀井監督(上級生)•大久保監督(下級生)の下で…(続きを見る)

いんたーNET

2017年04月13日

公認会計士は、財務諸表監査を行うにあたり「重要性の基準値(もしくは重要性の値)」という概念を前提とする。監査の目的は「決算書が概ね適性かどうか」を判断することにあるため、基準値を下回る金額の誤謬は対処しなくていいという考え方だ。これにより規模の大きな会社では数千万、さらには億の金額でもマイナーパスが許されることもある。作業効率…(続きを見る)

マネージャーからのお知らせ
東京六大学野球無料ライブ中継サービス「BIG6.TV」を「SPORTS BULL」にて独占配信

2017年04月13日

今年の東京六大学野球春季・秋季リーグ戦の全試合を無料でライブ中継するサービス「BIG6.TV」が4月8日よりスタートしました。
この「BIG6.TV」を無料・ライブで視聴できるのは、スポーツインターネットメディア「SPORTS BULL」…(続きを見る)

お悔やみ申し上げます

2017年04月13日

2016年10月
濱村  巌 様(昭和39年卒 土佐高)
2016年12月
髙鹿 至雄 様(昭和29年卒 慶應高)
2016年12月
石川  晃 様(昭和37年卒 慶應志木高)…(続きを見る)

理事会報告

2017年04月13日

平成29年1月10日、実践女子大渋谷キャンパスにおいて開催。
議題は次の通り。
平成28年度決算(案)および平成29年度予算(案)について、平成29年度三田倶楽部役員体制について、その他(各委員会からの報告)。
平成29年4月5日、慶應義塾大学三田…(続きを見る)

編集後記

2017年04月13日

いよいよ春のシーズンが始まります。充実した沖縄キャンプを経て、照屋・新主将のもと充分に優勝を狙える布陣が整ったようです。塾の戦いぶりも楽しみですが、今季はもうひとつ注目したい点があります。それは、日ごろからリーグ戦を支えていただいている審判員の方々の奮闘ぶりです。中でも平成26年卒の堀井典将氏が今季からデビューします。…(続きを見る)

ページの先頭へ戻る