倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2017年春号(新チームの目標)

倶楽部報(2017年春号)

新チームの目標

野球部主将 照屋  塁(環境情報学部4年 沖縄尚学高)

2017年04月13日

野球部主将 照屋  塁

今年度野球部主将を務めております、照屋塁と申します。平素より野球部に対しまして多大なるご支援、ご声援をいただき誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

昨年は春、秋ともに明治大学から勝ち点を奪えず、春は4位、秋は2位に終わりました。優勝するためにはどの大学からも勝ち点を奪う粘り強さや、ここ一番での勝負強さが必要になると痛感した1年間でした。

新チームでは今春のリーグ戦で6季ぶりの優勝を果たすべく、大久保監督の指導の下、日々鍛錬に励んでおります。今年度もチームスローガンは『Everything is practice ~すべては練習の中にある~』を掲げています。他大学にここ一番で競り勝てるチームになるべく、一人ひとりがチームにどうやって貢献できるかを考えて、日々活動しています。

また今年度は2月26日から3月11日まで石垣・沖縄遠征を行いました。プロ野球チームも使用するほどの恵まれた施設を使って、量・質ともに充実した練習を行うことができ、一回りも二回りも成長を遂げることができました。

今年もチームの目標は『全勝優勝、春秋連覇、日本一』です。今年のチームはチーム内で熾烈な競争が起こり、互いに切磋琢磨しながら、誰が試合に出てもおかしくない選手層の厚いチームを目指して成長してきました。チーム全員の力を集結し、今年こそはリーグ優勝して天皇杯を奪還できるよう部員一同精一杯戦ってまいります。

最後になりますが、今年度も野球部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る