倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2017年秋号(チームの現状について)

倶楽部報(2017年秋号)

チームの現状について

野球部助監督 林  卓史(平成10年卒 岩国高)

2017年09月09日

野球部助監督 林  卓史

平素より大変お世話になっています。助監督を務めております林卓史です。春季は、優勝を逃してしまい申し訳ありません。

秋季リーグ戦を前に、チームの状況についてご報告を致します。チームは、オープン戦を日々行っています。勝敗に関しては、一進一退ですが、着実に向上しています。打線は相変わらず活発で、岩見雅紀君(総合政策学部4年 比叡山高)をユニバーシアードで欠きながら(欠いているからこそ?)、よく繋がっています。学生間で、木村将悟君(法学部政治学科4年・慶應高)を中心に内容のあるミーティングを繰り返しており、野球への理解力が高まっています。懸念される投手陣については、オープン戦の結果こそ芳しくありませんが、内村僚佑君(法学部政治学科4年 慶應高)を中心に、こちらも成長しています。春よりも、質・量ともに、充実しています。

新たなチームの取り組みとして、上級生に練習のサポートを担当してもらっています。上級生は、自分たちのプレーをしたいという気持ちもあると思いますが、山本遼君(商学部4年 慶應高)や藤田健吾君(法学部政治学科4年 慶應高)を中心に、よくチームに貢献してくれています。

現チームは、決して素質に恵まれたチームではありませんが、照屋主将以下、塾野球部らしい粘り強いチームになりつつあります。学生は、あと1勝で優勝を逃したという気持ちを強く持っています。毎日の練習から、その気持ちが伝わってきます。もしも、三田倶楽部の皆様が日吉での練習を見られても、恥じることのない練習ができていると思います。一球一球に気の入った練習を重ねています。彼らに、春に果たせなかった「練習ハ不可能ヲ可能ニス」を体現してほしいと思います。

皆様もぜひ、神宮球場へお越しいただき、叱咤激励をいただければ幸いです。

ページの先頭へ戻る