倶楽部報

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2017年号外 > 2017年秋号(V戦士喜びの声)

倶楽部報(2017年号外)

V戦士喜びの声

2017年11月10日

天野康大(環4・外野手)
応援ありがとうございました。平日にも関わらず、多くの観客の中で出来た事に幸せを感じ感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。ここからは日本一になれるようにより気を引き締め頑張っていきます!引き続き応援の程よろしくお願い致します。

明渡 稜(政4・内野手)
目指してきた“諦めない負けない慶應野球”を体現し得たのはすべての応援してくださる皆様のおかげです。ありがとうございました。

石井康平(総4・学生スタッフ)
何とか最低限の責務を果たせたという安心感でいっぱいです。お世話になった慶應のためにも、日本一に向けて頑張ります。

>小原徳仁(文4・内野手)
部員全員一丸となって掴み取った優勝を応援に来てくださった方と共有できたことを嬉しく思います。これからも応援よろしくお願いします。

木村将悟(政4・データ担当)
野球人生最後の四年秋に優勝出来た事を本当に幸せに感じています。春届かなかった一勝のために、全部員が個々の役割を全うした結果だと思います。

倉田直幸(法4・内野手)
辛いことの方が多かった四年間でしたが、支え合ってきた仲間たちと最高の結果を出すことができ、本当に報われた思いです。天皇杯を手にすることができ、スポーツ選手として光栄に思っています。

塩健一郎(文4・学生スタッフ)
本当に全員で掴んだ優勝だと実感し、嬉しさと安堵を感じております。これまでの野球人生に携わっていただいた全ての方に感謝したいです。

清水翔太(総4・内野手)
春の雪辱を果たすことができ、とても嬉しいです。個人としても首位打者賞を取ることができ、最高のシーズンとなりました。明治神宮大会も優勝目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

瀬尾 翼(理4・内野手)
チーム全員が一丸となり優勝出来た事を大変嬉しく思います。皆様の応援が大きな力となりました。次は日本一の報告が出来るように頑張ります。

三浦賢梧(総4・内野手)
一年間ここを目指してやってきました。最下位になると言われたチームがどこよりも泥臭くやってきた結果だと思います。応援ありがとうございました。

山田浩太郎(経4・データ担当)
部員全員で粘り強く戦い続けた結果、優勝をつかむことができました。四年間の取り組みが実を結び本当に嬉しかったです。

山本 遼(商4・外野手)
チームの目標であるリーグ戦優勝と早稲田に勝つことを達成できて嬉しく思います。また、沢山の人に応援していただき感謝の気持ちでいっぱいです。

河合大樹(総3・外野手)
四年生を中心にひとりひとりの役割を果たしたからこそ掴み取ることのできた優勝でした。このチームの一員でいれて、とても嬉しいです。

石井雄也(商2・投手)
応援有難うございました。リーグ戦初勝利や優勝の瞬間にマウンドで投げることができるなど色々な経験をすることができました。この経験をいかしてまた優勝できるように頑張ります。

小原和樹(環2・内野手)
優勝することができたのは多くの方の応援とサポートがあったからです。本当にありがとうございました。日本一獲ります!

郡司裕也(環2・捕手)
“一体感”があるチームとはこういう事なのだなと思わせてくれるチームでした。最高のチームでした。また来年、みんなでパレードしましょう!

杉本京平(理2・外野手)
優勝して改めていろんな方々に応援していただいていると感じました。応援してくださる方々、サポートしてくださる方に感謝して野球を続けたいです。

髙橋佑樹(環2・投手)
四年生が優勝できてよかったです。個人としては不甲斐ないシーズンでした。来期以降は一年生におんぶに抱っこ状態から抜け出せるよう頑張ります。

髙橋亮吾(総2・投手)
慶應義塾体育会野球部に関わる全ての方々のおかげで成し遂げられた優勝でした。野球部員として皆様に結果で恩返しできて光栄に思います。

津留﨑大成(商2・投手)
優勝することはこんなにも嬉しいということを知りました。沢山の方に支えられ優勝することが出来たと思います。日本一を目指して頑張ります。

中村健人(環2・外野手)
温かい応援、本当にありがとうございました。全員で力を合わせる、出るメンバーはそれぞれが役割を担うという事を身をもって経験させていただきました。日本一の目標へ突き進みます。

柳町 達(商2・外野手)
優勝することができとても嬉しく思います。支えてくださった方々や応援してくださった方々、全ての方々に感謝したいです。

佐藤宏樹(環1・投手)
春果たせなかったリーグ優勝を達成できて本当によかったですし、素直にホッとしています。次は日本一目指して頑張りたいと思います。

関根智輝(環1・投手)
人生で初めて優勝してパレードを経験して僕はとても幸せだなと感じています。応援していただいた皆様に深く感謝しています。

仲間同士で肩を組んで
仲間同士で肩を組んで

肩を組んで「丘の上」を歌う選手たち
肩を組んで「丘の上」を歌う選手たち

第48回明治神宮野球大会は11月10日(金)から始まります。塾野球部は11日(土)第三試合(13時30分開始予定)です。六大学代表としての戦いを、是非ご覧下さい(http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/2017/2017jingu_college.html)。
ページの先頭へ戻る