倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2018年春号(理事長より)

倶楽部報(2018年春号)

理事長より

三田倶楽部 理事長 深澤 晶久(昭和55年卒)

2018年04月12日

三田倶楽部 理事長 深澤 晶久

理事長を務めております昭和55年(1980年)卒の深澤です。日頃は、三田倶楽部の活動に対し、格別なるご理解をいただき、また多くの分野からご支援をいただいていることに対して、この場を借りて心より感謝申し上げます。

大久保監督、林助監督を中心に野球部もシーズン毎にレベルアップし、昨秋は遂にリーグ戦優勝を成し遂げてくれました。塾の選手らしく、一人ひとりの役割を自覚し、選手としては勿論、一人の学生として大きく成長してくれている姿は、とても頼もしく感じます。春も大いなる期待をもって見守っていきたいと考えています。

さて、三田倶楽部の活動も、昨年から組織をしっかりと作り、各委員会活動の活性化を図って参りました。現在は、技術、広報、渉外、審判、総務の5委員会に加え、六大学活性化、野球部支援のプロジェクトも立ち上げ、理事を中心に現役への支援活動を強化しております。また、倶楽部員の方からの維持会費の納入率は、常に90%を超える、極めて高い水準で推移しており、改めて心より御礼を申し上げます。

しかし、野球を取り巻く環境、大学スポーツを取り巻く環境、そして塾野球部の現状を見つめると課題山積であることも事実であります。当面は、塾野球部130周年事業プロジェクトを立ち上げ、老朽化が進行している室内練習場の建替えに向けた活動を行ってまいりたいと考えています。

倶楽部員の皆様には、これまで以上に野球部へのご理解とご支援をお願いするとともに、大変にご多忙とは存じますが、神宮球場に足をお運びいただき、選手たちへの激励をお願いする次第です。

ページの先頭へ戻る