倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2021年秋季リーグ戦優勝特別号(祝賀会報告 パレードはなし)

倶楽部報(2021年秋季リーグ戦優勝特別号)

祝賀会報告 パレードはなし

マネージャー 大庭 颯子(商学部3年 成蹊高)

2021年11月19日

去る令和3年10月31日、慶早2回戦で引き分け、東京六大学野球秋季リーグ戦にて優勝を果たしました。1991年以来、塾野球部30年振りの春秋連覇となります。新型コロナウイルスの影響により変則的な日程で行われたにも関わらず、このような結果を出すことができたのは、日頃からご指導ご支援いただいている三田倶楽部の皆様によるものと深く感謝しております。

例年のように優勝パレードを実施することはできませんでしたが、試合終了から約3時間後、三田キャンパスにて祝賀会のみ開催されました。会場へ入場できる人数には制限がありましたが、オンライン配信もされましたので多くの方々にご覧いただくことができました。コロナ禍でさまざまな制限がかかっている中、さらには最後の最後まで優勝の行方が読めない中でも、祝賀会に向け準備を進めてくださった関係者の皆様にも御礼申し上げます。

祝賀会は應援指導部によるパフォーマンスから始まりました。これほどの近い距離でパフォーマンスを拝見するのは、應援指導部の方々がスタンドで応援してくださっていた2年前が最後でしたので、その迫力に圧倒されると同時にどこか懐かしさも感じました。
また、祝賀会には伊藤公平塾長をはじめとする塾関係者の方々がお越しくださいました。当日の試合にも足をお運びいただいた伊藤塾長からは、部員へ向け激励のお言葉をいただきました。
祝賀会を通じ、改めて多くの方々に支えられていることを実感いたしました。

塾野球部の次なる目標は、東京六大学では初となる四冠の達成です。
皆様からのご声援を胸に、来る明治神宮大会に向けて今一度気を引き締め、部員一丸となって戦ってまいる所存です。


鏡割りの様子(左から堀井監督、伊藤塾長、岡部長、福井主将)の写真
鏡割りの様子(左から堀井監督、伊藤塾長、岡部長、福井主将)

應援指導部によるパフォーマンスの写真
應援指導部によるパフォーマンス

伊藤公平塾長からのご挨拶の写真
伊藤公平塾長からのご挨拶

ページの先頭へ戻る