倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2021年秋季リーグ戦優勝特別号(V戦士喜びの声)

倶楽部報(2021年秋季リーグ戦優勝特別号)

V戦士喜びの声

2021年11月19日

福井 章吾(環境情報学部4年 捕手)
今季は非常に苦しいシーズンではありましたが、監督と選手が一体となり「負けなかったこと」が優勝の要因ではないかと考えております。
日頃より応援して下さっている皆様の力があっての「春秋連覇」だと部員一同感じております。
今後も塾野球部への温かいご声援を宜しくお願いします。

上田 寛太(商学部4年 内野手)
今季を通して特筆すべきことは、やはり粘り強さにあると思います。これは常日頃から、監督や主将を中心に、細部にまで神経を使ってきた時間の賜物であると確信しております。最後まで粘り強く戦い抜き、偉業を達成する心構えです。ご声援よろしくお願い致します。

正木 智也(法学部4年 内野手)
簡単な試合は一つもありませんでしたが、チームスローガンである繋勝を体現し、優勝という形で締めくくれました。明治神宮大会もチーム一丸となって優勝を目指して戦い、最後は四冠を手にして、笑って終われるよう頑張ります。今後ともご声援の程宜しくお願い致します。

笠井 建吾(経済学部4年 投手)
皆様の声援のおかげで優勝することができ、非常に嬉しく思います。明治神宮大会での優勝を目指し最後まで全力で戦い抜きます。
今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

長谷川 聡太(経済学部4年 投手)
30年ぶりに春秋連覇を果たすことができ、大変嬉しく思います。監督や助監督を中心とし、部員全員がそれぞれの役割を全うした結果だと思います。
明治神宮大会で優勝し、4冠という形で次の代にバトンを繋げるよう、最後まで精進します。

森田 晃介(商学部4年 投手)
平素よりご指導ならびにご支援を賜り心より御礼申し上げます。
不規則な日程でのリーグ戦となりましたが、チーム一丸となって粘り強く戦い抜けたことが優勝に繋がったと思っています。
今後とも塾野球部の応援宜しくお願いいたします。

中澤 慎太郎(商学部4年 捕手)
日頃よりご支援、ご声援ありがとうございます。今年は、チームスローガンである「繋勝」を体現できたからこそ、春秋連覇を達成できたと私は思っています。最後の明治神宮大会、有終の美を飾ることができるように、チーム一丸となって精進致します。今後とも宜しくお願い申し上げます。

綿引 達也(商学部4年 内野手)
コロナ禍でも、皆様のご支援があり、無事にリーグ戦を終えることができました。関わってくださった全ての方への、感謝の気持ちを力に変えて、『KEIO日本一』を目指します。

石川 涼(法学部4年 外野手)
浪人生でも活躍できる環境が塾野球部の良さであると感じます。二浪したからこそ良き友と出会い素晴らしい経験ができました。野球人生は残りわずかですが明治神宮大会に向けて精進して参ります。今後ともご支援の程宜しくお願い致します。

新美 貫太(法学部4年 外野手)
多大なる御支援と御声援誠にありがとうございます。今季はスローガンの「繋勝」のもと、目に見える物・目に見えないモノ全てが優勝に繋がっていた様に思います。引き継ぎ、御支援・御協力のほどよろしくお願いします。

橋本 典之(環境情報学部4年 外野手)
春の優勝から警戒される中での戦いは苦しいものではありましたが、なんとかスローガンである繋勝を部員全員で達成したからこその優勝だと感じます。明治神宮大会もすべてのご尽力頂いている方々に感謝し戦って参ります。応援の程よろしくお願いいたします。

若林 将平(環境情報学部4年 外野手)
日頃より御支援、御声援ありがとうございます。今シーズンも苦しい試合が続きましたが、春秋連覇を成すことでき、大変嬉しく思います。
引き続き明治神宮大会も執念を持って戦って参ります。応援の方よろしくお願いします。

渡部 遼人(環境情報学部4年 外野手)
4年生として迎えた最後のリーグ戦で優勝出来たこと、非常に嬉しく思っております。
チームスローガンである「繋勝」が、神宮球場で体現出来ました。
引き続き応援の程宜しくお願いします。

米倉 孝太郎(法学部4年 学生スタッフ)
「感謝」の一言に尽きます。
部員や監督は勿論、日頃よりご支援いただいている三田倶楽部の方々や、リーグ戦開催にあたりご尽力していただいた方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。
このご恩を明治神宮大会優勝という形で“Giving Back”出来るよう部員一同邁進致します。

森野 壮眞(商学部4年 学生スタッフ)
「歴史を繋ごう」と監督に言われ、見事2連覇し、記憶にも記録にも残るチームになれたことを大変嬉しく思っております。
また、非常に状態が上がらない中でのシーズンでしたが、沢山のご声援を力に変えて何とか優勝することができました。今後も精進して参ります。

生井 惇己(総合政策学部3年 投手)
皆様のご声援のおかげで、苦しいシーズンではありましたが戦い抜くことができました。皆様に恩返しするためにも神宮大会優勝を目指して精進して参ります。
今後とも応援の程宜しくお願い致します。

橋本 達弥(環境情報学部3年 投手)
4年生と少しでも長く野球をしたいという思いで夢中に戦い抜いた結果が、「優勝」という結果に繋がったことをとても嬉しく思います。
今後とも応援の程よろしくお願いします。

増居 翔太(総合政策学部3年 投手)
今季はとても苦しいシーズンとなりましたが、多くの方の声援が力となり、優勝することができました。神宮大会優勝に向けて、あともう少し頑張りたいと思います。
今後とも応援の程宜しくお願い致します。

渡部 淳一(法学部3年 投手)
優勝という道のりに決して楽な試合は1つもありませんでした。その中で勝ちきれた、負けなかったことは皆様のご声援があったからこそだと思っています。4年生の最後を優勝という形で飾れるよう、精進して参ります。

北村 謙介(総合政策学部3年 捕手)
最後の最後まで手に汗握る試合が続き、大変な中ではありましたが優勝を成し遂げることができ嬉しく思います。神宮大会でも首脳陣、4年生を信じて優勝目指して頑張りたいと思います。
今後とも応援宜しくお願い致します。

朝日 晴人(環境情報学部3年 内野手)
最後まで粘り、今までやってきた負けない野球ができた結果、優勝に繋がったと思っております。
関わってくださった方々、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

下山 悠介(商学部3年 内野手)
まさに全員の力が結集して、掴んだ優勝であり、非常に嬉しく思います。日頃より応援してくださる方々や4年生に、明治神宮大会優勝という形で恩返しをします。
今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

古川 智也(環境情報学部3年 内野手)
日頃から沢山のご声援ありがとうございます。
4年生と長く野球がしたいという思いが「優勝」という結果を残せたことを嬉しく思います。
今後とも応援の程よろしくお願いします。

萩尾 匡也(環境情報学部3年 外野手)
今季は苦しいシーズンの中で多くの方からの声援が力になり、優勝することができました。3年生として、来年こそは早稲田に勝てるよう頑張ります。
今後とも塾野球部を宜しくお願い致します。

廣瀬 隆太(商学部2年 内野手)
春秋連覇がかかっているというプレッシャーの中で、多くの方の声援が力となりなんとか優勝することができました。明治神宮大会も優勝して、四冠という快挙を達成できるようにまた頑張りたいと思います。今後とも応援よろしくお願い致します。


天皇杯を手に春秋連覇を喜ぶ部員たちの写真
天皇杯を手に春秋連覇を喜ぶ部員たち

ページの先頭へ戻る